『ルート・ブリュック: 蝶の軌跡』展  RUT BRYK: Touch of a Batterfly

『ルート・ブリュック: 蝶の軌跡』展 会場構成。  ブリュックのセラミック、テキスタイルの制作手法を紐解き、それを感覚的に理解する糸口になるよう展示什器をデザインした。また最初の会場である東京ステーションギャラリーは、元駅舎である空間をもつ。後期ブリュックの作品は、空間の一部を構成するようになり、建築の光を取り込むような作品に発展していく。それと呼応するように、歴史ある空間をなるべくがらんどうの形で調整し、窓からの自然光で作品を鑑賞する空間を最後の展示室とした。

‘RUT BRYK: Touch of a Batterfly’ exhibition design. We designed vitrines in the way that museum visitors grasp ideas of production methods Rut used for her ceramic and textile. First venue, Tokyo Station Gallery has historical building as station and later period of Rut’s works develop so they become part of architectural space and light is part of her works. To respond Rut’s approach, we organize historical space as simple as it is and people see works with natural light from wondows at the last exhibition room.

クレジット

『ルート・ブリュック 蝶の軌跡』展
2019.4.27-6.16 
主催  東京ステーションギャラリー
会場構成 齋藤名穂+Eureka
写真・映像 大倉英揮
企画制作  EMMA,  TWRB,  Blue Sheep

Credit

RUT BRYK: Touch of a Batterfly
2019.4.27-6.16
Tokyo Station Gallery
exhibition architects:  Nao Saito+Eureka
photo&video: Hideki Ookura
Produce: EMMA, TWRB, Blue Sheep