『南インド キッチンの旅』トーク@カフェ フェルマータ

1/18(金)の午前中、武蔵野プレイスというとても素敵な図書館の入ってすぐのエントランスにあるカフェ・フェルマータにて、店長の藤田操さんと『南インド キッチンの旅』のトークをしました。 ちょうどこの週はタミールの収穫祭’ポンガル’の週。本にでてくる「タミールの収穫祭」を朗読し、藤田さんが本にでているレシピで甘いポンガルを作ってくれてみんなで食べました。こんな風にお話を、お料理をすることを通して追体験してもらえたらと思ってレシピを載せたので、そんな描いていた光景が見られた幸せな時間でした。藤田さん、来てくれたみなさま、ありがとうございました。

 

『南インド キッチンの旅』トーク

武蔵野プレイスは、図書館を中心とした複合施設で、いつ行っても楽しそうに市民に愛されて使われている場所。
1/18(金) 10:00〜12:00 、その武蔵野プレイスの1Fにあるカフェ・フェルマータで、『南インド キッチンの旅』について、店主の藤田操さんとトークします。ちょうどタミールの収穫祭ポンガルの時期なので、養生ごはんとしても様々な知恵がつまっている、南インドの甘いおかゆ’ポンガル’を、藤田さんが本のレシピで作ってくれます。  ぜひぜひ遊びにきてください。
https://www.facebook.com/groups/1200141796808824/

veda community

私のアシュタンガヨガの先生であるMayaさんと一緒に、南インド料理について、南インドのランチを食べながらお話をする機会をいただきました。1/14(月・祝)12:00〜13:15 @vedaにて。
アシュタンガヨガの総本山があるMysoreは、Tara BooksのあるChennaiから電車で6時間。 どちらも南インドにあります。さて、どんな話になるのか・・・私が一番楽しみにしているかもしれません。 お休みの月曜日、よかったら遊びにきてください。
https://vedatokyo.com/archives/27263/

『南インド キッチンの旅』トーク@Books&Modern+Bluesheep gallery

昨晩(2018.12.01)は『南インド キッチンの旅』@Books&Modern+Bluesheep galleryにて、八巻香澄さん(東京都現代美術館学芸員)とトーク。何ていうか、とても一生懸命、頭を使って話した1時間半でした。私にとって、本づくりをしていく時に、Tara Booksの編集者のV.ギータやギータの存在がとても大切なように、学芸員の八巻さんとのデザインの仕事は、ふわっと大きくパンのようにふくらむ楽しさがいつもあります。それはまだ曖昧なことや、センシティブなことを含めて相手と共有したいって気持ちがあるからなのかな。と、改めてトークという場を持って思いました。
本当にたくさんの方に来ていただいた楽しい夜。みなさんどうもありがとうございました💛 写真はいつも通り、おーちゃん(黒目写真館)。ありがとね。

「南インド キッチンの旅」出版

昨年のちょうど今頃、南インドの出版社Tara Booksから出版された’ Travels Through South Indian Kitchens’の日本語版「南インド キッチンの旅」がブルーシープから11月1日に出版されます。英語で書いた文章を日本語に自分で翻訳する、というとても楽しく貴重な経験をしました。ぜひ多くの人に届くといいなと思っています。よろしくお願いします。

Japanese edition of ‘Travels Through South Indian Kitchens’ will be published on Nov.1st, 2018 by Bluesheep. So excited finally my book will reach to Japanese readers:)

Rut Bryk exhibition

フィンランドのセラミックアーチスト ルート ブリュックの展覧会が、来年の4月東京ステーションギャラリーを皮切りに、日本で始まります。日本に本格的に初めて紹介される今回の展覧会、会場構成を、UNI DESIGNの齋藤名穂と Eurekaの佐野哲史でしています。HPが開設されました。ぜひご覧ください。

Retrospective exhibition of Rut Bryk, Finnish ceramic artist will come to Japan from April,2019, starting from Tokyo Station Gallery. This is first time to introduce her works to Japan as series of her entire career. Nao Saito(UNI DESIGN) and Satoshi Sano(Eureka) are designing the exhibition space. HP is now launched. Please have a look:)
https://rutbryk.jp/

dessinでのフェア会期延長

9/24までの予定だった、中目黒の本屋さんdessinでの’Travels Through South Indian Kitchens’の原画の展示とTara Booksのブックフェアが会期延長になりました。タラから追加で本も届いているそうです。お近くに行った際にはぜひ。
An exhibition of my illustration for my book ‘Travels Through South Indian Kitchens’ and Tara Books book fair will continue for a while at dessin in Nakameguro. welcome!

dessinでのトーク

8/25(土)の午前中、dessinにて、’Travels Through South Indian Kitchens’のトークをしました。朝10時からの会で、インドで朝10時に訪ねた’Expanding Kitchens’の1章の朗読をして、朝の気持ちいい時間にトークができたこと、嬉しく思いました。20名の方が来てくれて、とっても楽しい時間となりました。いらしてくださったみなさまありがとうございます。
I had a nice morning talk about my book ‘ Travels Through South Indian Kitchens’ at dessin. Thank you for coming over!

 

中目黒の本屋さんdessinにてブックフェア

中目黒にある本屋さん兼ギャラリーのdessin(デッサン)にて、’ Travels Through South Indian Kitchens’のブックフェアが開催されます。8/23〜9/24までの1ヶ月、1階の本屋さんの壁に原画の展示を行います。また8/25(土)10:00〜はトークイベントを行います。ぜひみなさん遊びにきてください。
http://dessinweb.jp/hpgen/HPB/entries/92.html

UNI DESIGN HP 開設します

UNI DESIGNのHPをやっと開設することができました。デザインは中西要介さんhttp://www.nakanishiyosuke.com/ 開発は竹田大純さんhttp://thirozumi.org/です。 2人に何を載せてもさまになるHPを作ってもらったので、プロセスやスケッチや・・・とプロジェクトの経過を含めいろんな形でUNI DESIGNの仕事を見せていけるようなHPにしたいと思います。

Madras Literary Societyへの蔵書

南インド チェンナイのMadras Literacy societyの図書館から、著書’ Travels Through South Indian Kitchens’ を蔵書に入れました、と連絡をもらいました。この図書館は200年以上の歴史のある図書館を、民間のボランティアにとって修繕をし、運営をしているそうです。ぜひ次の機会に訪れたいです。

インド バンガロール Light room でのブックイベント

インド バンガロールにある絵本の専門書店Light roomにて、’Travels Through South Indian
Kitchens’のブックイベントをしました。本のデザインをしてくれたグラフィックデザイナーのNiaさんと2人でです。お店と同じかわいい雰囲気のインドの人たちが、40人ほど聞きにきてくれました。外国人の目を通して語られる彼らにとっての当たり前の日常空間であるキッチンの話、みんなにこにこしながら聞いてくれたのがとても印象的です。

https://lightroombookstore.wordpress.com/