「記憶の空間を旅しよう」@京都国立近代美術館オープンデー

こちらは、レクチャーと合わせて2日間にわたって行ったワークショップの様子のダイジェスト版。 参加者が、いえにまつわる五感で味わうオブジェクトをもちよって、みんなで味わいながら、いえの空間描写を聞く、という時間です。 ヘルシンキ、水戸、東京といろいろなところでこのワークショップをしてきたけれど、京都では、古い日本家屋の話がさらっとたくさんでてきたなあ、って思いました。 暗かったり、湿気があったり、怖かったり・・・気持ちがざわざわとする空間は、快適へと向かう住居空間の中から確実に消えていってるな、と、みなさんの話を聞きながら思いました。 飛行機や電車で、みなさん参加いただきました。 どうもありがとうございました。
https://www.youtube.com/watch?v=3mjfHp-n42c&feature=emb_title

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です